世界中が敵になったとしても、あなたはあなたの味方でいてください

この記事は3分で読めます

Pocket

こんばんは。

24時間働き続ける時計を見て、そういえば、僕の心臓も24時間働いてくれているんだな、偉いよなぁ〜、そんな自分を大切にしてあげないといけないよな、と思った、のりゆきです。

僕らは生きてるのではなく、生かされている。

 
さて、本日は「世界中が敵になったとしても、あなたはあなたの味方でいてください」というテーマでお話していきます。

他人のアラ探しする必要もないけど、自分のアラ探しする必要はもっとないよね、という話です。

 
もし、あなたが生きることに悩んでいたり、迷っていたり、将来のことに不安を抱えていたり、心配していたりしたら、今日のことを思い出していただきたいんです。

あなたがこの世に生まれた理由です。

それは、決して有名大学へ合格することでもなければ、良い会社に就職することでもなければ、理想のパートナーと結婚することでもなければ、お金持ちになることでもありません。

 
生きていれば悩みは尽きないのは、誰もが同じ。

ですが、そんな時こそ、あなたの頭の中は複雑に絡み合っているので、シンプルに考える必要があります。

 
つまり、あなたが生まれてきた理由を知ること。

そんなの、いくら考えても分からないよ、と思うかもしれませんが、それは複雑に物事を考えてしまうからです。

物事はできる限りシンプルにシンプルに考えると、解決への糸口が見えてくるものなんですね。

 
それで、結論を言うと、あなたが生まれてきた理由ですが、

ズバリ「幸せになるため」です。

これ以外にはありません。

 
人生で迷った時は、必ず原点である今日のことを思い出していただきたいんです。

それで、幸せになるために生まれてきたのに、現時点で幸せじゃないとしたら、それは何かが間違っているんですね。

その間違いに気づき修正しない限り、ずっと幸せじゃない未来が続くことになります。

 
それに、人はまず自分が満たされないと、他人を満たすこともできないんです。

自分が知らないことは相手に教えられないように、自分が不幸な人は相手を幸せにすることはできません。

自分は不幸で可哀想な悲劇のヒロインだから、きっといつか幸せな王子様が私を幸せにしてくれるに違いない!と夢みるのは自由ですが、それは夢の中の話であり、現実にそんな王子様は存在しないんですね。

 
そもそも相手に幸せにしてもらう、と言う発想が間違っていることに気づかない限り、同じ過ちを繰り返すことになります。

 
自分を幸せにできるのは自分だけです。

じゃあ、自分で自分を幸せにするにはどうしたらいいのか?ってことですけど。

自分にとって都合の悪いことは考えないことが、まずは前提となります。

 
例えば、今日の占いで、自分は最下位だったとします。

占いを信じて行動する人は、この事実にショックを受けるでしょう。
そして、どうしよう・・・と不安になります。

そんなたかが占いくらいで本気になる奴いるの?と思われるかもしれませんが、似たようなことは他にもいくらでもありますよ。

 
僕は、占いの結果を見て一喜一憂するくらいなら、そもそも占いは見ないほうがいいですよ〜と言っています。

不快な情報や、見ていて暗くなるようなニュースなども、わざわざ見る必要がないんですね。

最下位だったから、朝からテンションが下がってしまい、これからどんな悪いことが起きるんだろう?とビクビクするくらいなら、今日もいい日だなぁ〜と能天気な姿勢の方が、結果的に占いに左右されない生き方をすることができますので。

 
同じように、自分の欠点ばかり気にしたり、他人と比較しては落ち込んだりすることも、幸せになることからは遠ざかりますよね?

迷ったら原点に戻ること。

つまり、自分がその行為を選択することによって幸せを感じるのかどうか?です。

 
人って、応援してもらうとすごく元気が出ます。

オリンピックだって、もしも誰も応援してくれる人がいなかったり、ファンと呼ばれる人がいなければ、モチベーションも上がらないですし、実力の半分も出せないこともあるんです。

 
学生時代に、チアリーダー部に応援されたことがある人は分かると思いますが、すごく嬉しいですよね?

人から応援されるって、それだけすごく嬉しいことなんですね。

 
けれど、相手には都合があるし、応援してもらいたい時に、すぐに他人が自分のことを応援してくれるとは限りません。

むしろ、社会に出たら、自分の欠点やアラ探しばかりしてくるような人もいますからね。

それで、心病んじゃって、部屋の扉を閉めたまま外に出られなくなってしまった、と言う人は多いんですね。

 
迷ったら、原点に帰ると言うことを忘れないこと。

すなわち、これは自分にとって幸せになることなのか?ってことです。

 
世界中の人が、仮に全員敵になったとしても、あなたはあなたの味方でい続けることはできるんですね。

誰も味方がいなくなった時、人は不幸の落とし穴にはまっていくのですが、自分は自分の味方である人は、不幸にはなりません。

ダメな自分、だらしない自分でもいいんですよ!

 
誰かに欠点を指摘されたり、アラ探しなんて頼んでもいないのに、周囲の人は勝手にしてきますから。

だから、自分で自分の欠点なんて探すことも必要ないし、アラ探しする時間も必要ないんです。

 
自分は自分の味方である、というのは、いつでも自分の良いように都合よく解釈したり、前向きになれるようなことを考えたり、元気になるような行動を選択するということですからね。

 
それでは、今日はこの辺で。
ありがとうございました。

あなたに全ての良きことが雪崩のごとく起きます。

 
追伸 世界中の誰よりも、あなたがあなたの味方であり続ける限り、あなたは不幸にはなりませんよ。

まずは自分が幸せになる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

のりゆきのプロフィール

パニック障害持ちの意識高い系パパ。嫌いなものは机上の空論。好きなものは女性。ビビリで人見知りなピュアな心を持つ小心者です。

「今より少しだけマシになる」をモットーに「読者と共に成長すること」をブログのコンセプトとして発信しています。

詳しいプロフィールはこちら