相手が求めていないアドバイスを良かれと思いドヤ顔で披露してしまう人へ

この記事は3分で読めます

Pocket

こんばんは。

地上に出てきたセミが、人間の寿命を知ったらどうなるのだろう?と思ってる、のりゆきです。

大事なのは長く生きることではなく、どんな思い出を作ることができたか?だと思っております。

 
さて、本日は「相手が求めていないアドバイスを良かれと思いドヤ顔で披露してしまう人へ」というテーマでお話していきたいと思います。

他人を変えたいと思う人、他人を変えようと頑張る人、もれなくどちらも不幸になりますよ、という話です。

 
僕らは、誰もがかけがえのない命をいただいているのですが、どんな人にも良いところもあれば悪いところもあるんですね。

全てが完璧な人はいません。

 
この世で不幸になる行為ベスト3があるとすれば、間違いなく「他人を変えようとする行為」は上位にランクインするでしょう。

おそらく、あなたにも経験があるはずです。

 
あの人が、こう変わってくれたらいいのに・・・と。

 
それで、相手は求めていないのにも関わらずアドバイスをしたりするものだから、相手は嫌がるんですね。

他人の欠点を直してあげよう!と、こちらがいくら頑張ったところで、相手は絶対に変わらないんですね。

 
人は自分から変わることは好きなのですが、他人から強要されたり命令されることは嫌いなんですね。

なんでお前に言われなきゃいけないの!?
あなた何様ですか!?

なんて内心では思っているものです。

 
自分に価値観があるように、相手にも価値観があります。

けれど、それは決して同じとは限らないのです。

 
あなたは、早起きは三文の徳だと思っていたとしても、相手は夜更かしすることこそ、人生の楽しみである、なんて思っていることもありますから。

自分の価値観を相手に押し付けると、夫婦関係や人間関係はあっという間に崩壊しますよ!

 
僕が勉強したての頃、良かれと思って、相手にアドバイスをしたり、こうしたほうがいい、ああした方がいいと、余計なお節介をしてしまったことがあったんですね。

相手はアドバイスなんてちっとも求めていないんですよ。

結果、相手と疎遠になる、という結末を迎えてしまいました。

 
僕はこの時、自分が正しいと思うことでも、相手も正しいと思うとは限らない、という当たり前のことを教訓として学んだのです。

僕だって、自分のことを変えようとしてくる相手とは距離を置くのに、その行為を自分が知らず知らずに実践してしまう、という皮肉な展開でした。

 
強要や命令が通るのは、相手にメリットがあるからです。

例えば、会社で働いている場合は、強要や命令をされてもお金がもらえるから、まだ我慢できるのですが、これが家庭だとしたら?ってことです。

プライベートの友人関係だとしたら?ってことです。

 
嫌われること自体は、僕は仕方ない側面もあると思っていますが、よくよく観察してみると、やはり嫌われる人って嫌われるような行為をしているんですね。

他人を変えようと強要したり、命令したり、アドバイスをしたり。

 
相手は「うっせーわ」としか思っていませんからね。

 
それに、俺にできたんだからお前だってやればできる!
なんてアドバイスなのかなんなのか分かりませんがいう人がいます。

やればできることもあるかもしれないけれど、やってもできないこともあるよね?というのが僕の意見です。

前提条件がそもそも違うのに、自分ができることは相手も努力したらできると思うのは、勘違いも甚だしいわけです。

相手を深く傷つけるだけです。

 
他人の欠点を指摘することで、モテモテになります、というのであれば、僕は全国の女性の欠点を指摘するわけですが、残念ながらそんなことをしたら敵を作るだけなんですね。

自分がされて嫌なことをなぜ他人にしてしまうのか?

悪いところばかり指摘されて嬉しい人なんてこの世にはいません。

 
相手の嫌な欠点が気になって気になって仕方がない人もいると思いますが、それを直すのはあなたの役目じゃないってことです。

どうしても許せない欠点があるとしたら、付き合い方を考えるとか、離れて会わないようにするとか、もっと楽しいことに目を向けるとか、対策は色々あるはずです。

 
この世は楽しいこともいっぱいあるのに、不幸な人って相手の欠点ばかり見てしまうんです。

それで相手の悪いところを指摘しまくる。

芸能人の誰々が不倫しました、とかって、あなたには関係がないことだし、面識だってそもそもないし、上から目線でトドメを刺すような言葉の暴力を振るう大人もいますが、そんなことしても、絶対に豊かにも幸せにもなりませんよ。

 
天網恢恢疎にして漏らさず、と言われているように、天の神様はあなたの行動1つ1つを全て見逃さないんです。

相手に向けて放った言葉の矢は、やがて自分目掛けて返ってきますからね。

 
他人の欠点ばかり見る人って、公園に行って犬のうんこだったり、公園のゴミ箱をずっと見るような人です。

それで、文句を言ってる笑

なぜ、こんなところに犬のうんこがあるんだ!
なぜ、こんなところにゴミ箱があるんだ!

 
いくら指摘しても、永遠に解決されないのに、です。

 
時間が無限にあるなら、いくらでも好きなだけ指摘しまくればいいと思いますが、僕らの時間は有限なのです。

本当に、自分の貴重な時間を使ってまで、他人の欠点を指摘する行為って、必要なんですか?

 
他にもっとやるべきことはたくさんあると思います。

 
それでは今日はこの辺で。
ありがとうございました。

あなたに全ての良きことが雪崩のごとく起きます。

 
追伸 たった1度の人生です。公園に行ったら犬のウンコを見て不快になるよりも、綺麗に咲く花を見て感動できる人生にしたいものです。

自分の人生の花咲かせましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2021 07.09

    私は神である

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

のりゆきのプロフィール

パニック障害持ちの意識高い系パパ。嫌いなものは机上の空論。好きなものは女性。ビビリで人見知りなピュアな心を持つ小心者です。

「今より少しだけマシになる」をモットーに「読者と共に成長すること」をブログのコンセプトとして発信しています。

詳しいプロフィールはこちら