成功するには努力が大事!と思っている人がハマる落とし穴

この記事は2分で読めます

Pocket

こんばんは。

1日5分の作業で月に100万円稼げるビジネスの勧誘を受けた、のりゆきです。

ぜひ、学校教育で採用してください。
お願いします!

 
さて、本日は「成功するには努力が大事!と思っている人がハマる落とし穴」というテーマでお話していきたいと思います。

そのまんまの話です。

 
努力の話と成功の話って、多くの人が因果関係があると思ってるんです。

要は、成功するためには努力が大事!とか、努力したから成功したんだ、とかですね。

 
ですが、実際は成功と努力には因果関係ってないんです。

にも関わらず、努力すれば報われるに違いない、という固定観念が僕らにはあるんですね。

おそらく、学校教育をまともに受けた結果だと思うのですが、努力って響きはよくて、カッコいいイメージがあるから、先生たちは好んで使うんですよ。

 
けれど、僕は努力にはネガティブなイメージしかないんです。

「努力」という言葉からは、義務的なものを感じてならないからです。

 
そもそも、人が好きなことをするときに、努力なんて言葉は使わないはずです。

ゲームが好きで徹夜でプレイした人がいるとします。
この人は、自分で自分のことを努力家だと思ってるのでしょうか?ってことです。

別に、ゲームでも麻雀でも仕事でもなんでもいいのですが、人が好きで熱中していたり、夢中になってると、時間の感覚ってなくなっていくんです。

 
気づいたら、夜中の2時だった、なんてことが普通に起きるわけです。

 
うまくいかない時って、そのまま先に進むんじゃなくて、1度立ち止まることが大事なんですね。

そのまま先に進むっていうのは、もっと努力する行為のことです。

成功と努力を結びつけてしまっているから、成功しないのは努力不足だと結論づけてしまい、ひたすらもっと頑張ろう!という方向に走ってしまうのです。

 
努力して頑張って8時間働いた人と、好きで気づけば8時間働いていた人。

あなたは、どっちがより成功しやすいと思うでしょうか?

 
やりたいこと楽しいことをやってる人が成功するのであって、苦労の先に成功があると思うのは間違いなんです。

苦労の先に待ってるもの、それは苦労の連続ですよ。

 
うまくいかない時、苦労しているときは、人って周囲が見えなくなってしまうんです。

そして、ひたすら焦る。

うまくいかないから、もっと努力しなきゃ!と、自分で自分を追い込んでしまう。

 
そんなときに、大事になってくるのが今回の話です。

そのまま走るのではなく、1度まずは立ち止まる。

「おかしいぞ!?」と立ち止まって、冷静になって周りを見る。

 
すると、自分が進むべき道が見えてきますから。

立ち止まる勇気を持ちましょう!

 
それでは今日はこの辺で。
ありがとうございました。

あなたに全ての良きことが雪崩のごとく起きます。

 
追伸 間違った努力をあなたはしていないだろうか!?
自分で自分を客観視するのは難しいので、第三者の立場になって冷静に分析していきませんか?

間違った努力は今日でやめる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

のりゆきのプロフィール

パニック障害持ちの意識高い系パパ。嫌いなものは机上の空論。好きなものは女性。ビビリで人見知りなピュアな心を持つ小心者です。

「今より少しだけマシになる」をモットーに「読者と共に成長すること」をブログのコンセプトとして発信しています。

詳しいプロフィールはこちら