俺は悪くない!悪いのは全てあいつなんだ!と思っている人の計算ミスとは!?

この記事は2分で読めます

Pocket

こんばんは。

頭を使う仕事は午前中に終わらせ、午後はゲームに熱中する生活に幸福を感じてる、のりゆきです。

寝る時間が惜しい。

 
さて、本日は「俺は悪くない!悪いのは全てあいつなんだ!と思っている人の計算ミスとは!?」というテーマでお話していきたいと思います。

人生が思い通りにうまくいかない人は、計算が間違ってます、と言う話です。

 
個人的なことですが、僕は毎日ゲームを欠かしません。

ゲームの面白い点は、やればやるほど上達していくことです。
まあ、これはゲームに限らず仕事でも共通して言えることです。

 
最初って、基本的なことも分からない状態からのスタートなので、そりゃあもう何回も負けます。

僕は、負けて負けて負けまくった結果、それは失敗と捉えるのではなく、1つのデータが取れた、と考えて成功体験にしてしまうんです。

つまり、今回の敗因の要因は、これじゃないか?という仮説を立てる。

そしたら、次に仮説を立てたものを検証していく作業に入ります。

 
すると、今度はボロ負けだった前回よりは、少しマシな結果になるんです。

そしたら、また仮説と検証を繰り返し・・・

この作業をひたすら繰り返し続けた結果、国内ランキングでも上位に入ることができるようになったんですね。

 
僕は人生もある意味、テレビゲームのようなものだと思っています。

脳ミソは完全にゲーム脳だと思っています笑

 
要は、達成したいミッション(目的)に向かって、道を進んでいくRPGのようなものだと。

ゲームは、なんどもなんども繰り返すと次第に、上達していくのですが、これは仕事も同じで、最初はぎこちなく、毎日のようにメモしていたけれど、次第にメモを見ずとも行動できるようになっていくようなものです。

 
「人生なんて思い通りにいかないよ」

なんて意見もありますが、これに対する僕の意見は、うまくいかないのは、あなたの計算が間違っている可能性もある、ということ。

 
例えば宇宙ロケットありますよね?

あれだって厳密に計算されて、宇宙まで飛ぶことができるんですよ。

 
適当にロケット飛ばしたら、たまたま偶然宇宙へ言っちゃいました〜
なんてことはあり得ないわけです。

思い通りの結果が欲しければ、厳密な計算を練る必要があるんです。

それを、ただ漠然と何も考えずに動いて、思うようにいかないと嘆くのは滑稽としか言いようがありません。

 
それに、うまくいかないからと、自分以外に原因を求めてしまったら、そこで改善の余地がなくなってしまうんです。

なぜなら、俺は悪くない!
悪いのは全てあいつなんだ!

そう言ってるも同然だからです。

 
僕がゲームに負けて、思うようにうまくいかない(勝てない)のは、相手が卑怯だからだ!なんて言ってる限りは、もうこの先、勝てる見込みはないってことです。

人生が思い通りにいかないとしたら、それは間違いのサインであると気づくことが大切なんですね。

そして、なぜ間違ってしまったか?と言えば、計算が間違ってる可能性が極めて高い、ということです。

 
人生は、トライアンドエラーの繰り返しですが、それでも最初の頃と比較したら、確実に上達しているはずです。

仮に上達していなければ、トライもエラーもしていない、すなわち行動をしていない、ということになります。

ゲームで言えば、もう勝てないからや〜めた!と言ってコントローラーを投げ出してしまうわけです。

 
実際、そうやって多くの人がリタイアしていくからこそ、継続してプレイできる人は生き残るんです。

ということで、今日はこの辺で。
ありがとうございました。

あなたに全ての良きことが雪崩のごとく起きます。

 
追伸 人生をゲームのように楽しみたい!
ゲームに攻略法があるように、人生にも攻略法があります。
→一緒に「人生ゲーム」をプレイしませんか?
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2021 07.09

    私は神である

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

のりゆきのプロフィール

パニック障害持ちの意識高い系パパ。嫌いなものは机上の空論。好きなものは女性。ビビリで人見知りなピュアな心を持つ小心者です。

「今より少しだけマシになる」をモットーに「読者と共に成長すること」をブログのコンセプトとして発信しています。

詳しいプロフィールはこちら