学びがある限り成功である

この記事は3分で読めます

Pocket

こんばんは。

ゾンビに噛まれてゾンビになった夢を見た、のりゆきです。

可愛いゾンビに噛まれたので、きっと長生きするに違いない。

 
さて、本日は「学びがある限り成功である」というテーマでお話していきたいと思います。

挫折して立ち直れそうにないとか、大好きな人に振られてもうお先真っ暗とか、リストラされて絶望しかない、なんて方に読んでいただきたい内容です。

 
そもそも、失敗ってなんだっけ?ということからお話していきたいのですが、失敗の定義は「自分が失敗だと思ったこと」です。

ポイントは「自分が失敗だと思ったこと」であり、他人が失敗だと思っても本人が失敗だと思っていなければそれは失敗ではない、という点です。

 
例えば、野球ですが、バッターボックスに立ち、空振り3振に終わったとします。

これは果たして失敗なのか?ってことです。

好きな人に告白して振られた時もそうです。

OKの返事をもらえなかったら、それは失敗なのか?

 
僕は、自分で失敗だと思わない限り、何が起きようとそれは失敗ではない、という考え方なんです。

たとえ周囲がなんと言おうと、それは他人の意見。

 
僕が失敗を失敗だと思わないのには理由があるのですが、それは、どう見ても失敗だよなぁと思えることでも学べることはあるからです。

うまくいかない考え方や、うまくいかない方法を見つけたと思えば、むしろそれは成功じゃないか?って考え方もできるんですね。

失敗しても、それをきっかけに学ぶことをしたら、それは成功である、というわけですから、落ち込む必要なんてありませんし、自分を責める必要もないんです。

 
とは言っても、ショックのあまり失敗をネガティブに捉えてしまう人の気持ちも分かります。

そんな時は、どうしたらいいのか?

そう言った場合は、とりあえずそこから逃げてもいいんだってことを覚えておいてください。

苦しい時は逃げることも選択肢の1つだし、人生はどこからだってやり直せるんです。

 
あなたが失敗だと思わない限りは、それは成功だと思えばもっと今よりも気楽に生きることができるはずです。

 
みんな成功することを目指して失敗していくんです。

たった1回でうまくいったら天才ですよ!

にも関わらず1回やってダメだったから、自分にはもう無理だとか、向いてないとか、才能がないとか、なんだかんだ言い訳をしてしまう。

 
自分が子供の頃、自転車に乗る時、そんなこと思いましたか?

補助輪を外していざ乗ろうとしたら、スイスイ乗れた、なんて人はいないと思います。

まず転ぶからです。

 
1回転んで、もう自転車に乗れない、と諦める人はいないのに、これが大人になるとなぜか変わってしまう。

それは、1回でうまくいかなければ失敗だと思っているからです。

 
好きな人に告白して振られたとしましょう。

結果だけを見たら失敗かもしれませんが、これだって自転車に初めて乗った時のことを思い出せば、いきなりうまくいくなんてこともないし、何事も練習が必要なんだなと分かるんです。

そしたら、女性の心理を勉強してみよう!と思うかもしれないし、もっと自分の外見を整えようと思うかもしれない。

これは、振られたことで得られた気づきや学びなのだから、むしろ成功なんですよ。

 
このままのあなたでは付き合えないって意味だと解釈すれば、じゃあ改善したらいいんだなって前向きに考えることもできるんですね。

そして学び改善した結果、再びアプローチしたら今度はOKをもらえた、なんて人は僕の周囲にはたくさんいます。

むしろ、相手の女性から逆に告白された、というケースもあるくらいです。

 
これって、失敗ですか?

 
逆上がりだって、1回ではうまくいかなくても、10回、20回、30回、と回数を重ねていけば次第にコツのようなものを掴むことができます。

「コツ」というのは、言葉で理解できるものではなく、自分の感覚で会得するものなんですね。

自転車に乗れない人に対して、こうして乗るとスイスイ乗れるようになりますよ〜と、いくら言葉で説明しても乗れるようにはなりませんよね?

 
逆上がりだったら、自分の運動神経なら10回くらい練習したらできるようになる、とかって見通しを立てて、実際にやってみる。

そこまでは、成功までの練習であり失敗ではない。

 
もちろん、見立て通りにうまくいくこともあれば、うまくいかないこともありますが、大事なことは「この練習の先には、必ず成功が待っているんだ」と思うことです。

だから、成功するまで練習を続けることができるんですね。

 
挫折する人や、落ち込む人、絶望を感じてしまう人は、1回で成功すると思い、1回で成功しなければ、もう後が無いと思ってしまうからです。

受験に失敗しても、学校はそこだけじゃない。
好きな女性に振られても、女性は1人だけじゃない。
会社をクビにされても、会社は1つだけじゃない。

 
当たり前のことなんですが、すごく視野が狭くなってしまうと、1つの失敗が取り返しのつかないことのように思ってしまうんですね。

これで合格しなければ人生終わり。
この人に振られたら人生終わり。
この会社をクビにされたら人生終わり。

それって、明らかに難易度Sクラスのゲームですからね。

 
ゲームだって、強くなる人はなんどもなんどもゲームオーバーを体験しています。

要は、繰り返し練習して上達している、ということ。

 
学びがある限りそれは成功なんだと思うことで、あなたは成功者になれるでしょう。

 
それでは、今日はこの辺で。
ありがとうございました。

あなたに全ての良きことが雪崩のごとく起きます!

 
 
追伸 共に学び、成功者への階段を駆け上がりませんか?
講座をメルマガ(無料)にて配信していますので、この機会にぜひ、ご参加ください。

メルマガに登録する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人 のりゆき

まずはこちらを読んでいただければと思います。
なぜ僕がブログを書くのか?

 

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。