えんとつ町のプペルは後世に残したい名作

この記事は3分で読めます

Pocket

こんにちは、のりゆきです。

先日、「えんとつ町のプペル」の映画を観てきました。

ネットでは、賛否両論いろんな意見がありますが、
僕にとって「えんとつ町のプペル」は最高でした!

 
原作はキングコング西野さんが描いた絵本なのですが、
絵本が映画になることで、まるで別次元の世界へワープしているような感覚になりました。

キャラクターがリアルにその世界で生きている、という、
命がそこに存在しているかのような印象でした。

 
キャラクターと声優も本当にドンピシャだと思いましたし、
マナちゃんってすごいな!と、改めて感じました。

「マルモのおきて」から僕のマナちゃんに対する印象はストップしていたのですが、
本当に魅力的な女性へ成長したな、とまるで父親のような気持ちになりました。

それと、印象的だったのは、
立川志の輔によるブルーノ。

もう、ブルーノと言えば志の輔以外には考えることができないよね、という迫力。

 
もう、キャラクターと一体化してどちらが本物なのか、というレベルでした。

 
そんなこんなで時間を忘れて、あっという間にエンドロールが流れたのですが、
驚いたのは、エンドロールが流れているにも関わらず、誰一人として席を立つ人がいなかったことです!

 
だいたい、映画ってエンディングが近づくと、早い人はすぐに退席します。

エンドロールが流れたら、さらに退席する人は増えます。

 
ですが、今回のプペルに限って言えば、
誰一人として席を立つこともなかったのが驚きでした。

会場では鼻水をすすっている方が多かったし、
前座席の女性の方は、途中肩がガタガタと震えているのが分かりました。

親子連れもいましたが、
きっといい思い出になっただろうなぁ〜と思います。

 
僕が子を持つ親になったら、
間違いなく真っ先に観せたい映画ナンバー1です。

と言うと、まるで宗教の匂いが漂って、
「気持ち悪い」と思われる方もいるようですが、

大事なことは、
「自分がどう感じたのか?」であって、
「他人にどう思われるか?」ではありません。

 
好きなものは好き!と、堂々と言える世界が僕は好きだし、
おっぱいが好き!と堂々と言える男性にも好感が持てます。

それは、本音を隠さず、自分の素直な気持ちを表現しているからです。

 
映画の評価なんて、
個人の主観によるものだから、
本当は誰の意見も参考にはならないんです。

ただ、世の中にはそれを鵜呑みにしてしまう人もいるわけで・・・

 
その結果、「映画を観ない」と決めてしまった人は、
この先も、人生で損することが多いだろうなぁ〜と思います。

なぜなら、自分の気持ちよりも他人の意見を優先してしまうから、です。

 
物事って経験しない限り、本当のところは分からないんです。

 
ですが、世の中には経験していないのにも関わらず、
コメントしたり、情報発信したりする方もいるんですね。

プペルの映画を観ていないのに、
プペルの映画を批判する人もいます。

一体、何を批判するんだ!?とむしろ逆に興味がありますが、
多くの場合は、自分のビジネスへの誘導がほとんどです。

 
「話題作」と言う波に乗っかる寄生虫のようなもの。

と言うと、今度は僕が批判される側になってしまいそうですが・・・

 
僕が伝えたいのは、
世の中の多くの情報って、空想で作られたものが多いよね?

ということです。

 
例えば、今回のケースで言えば、
誰かがプペルを批判していたとします。

「プペルって感動ポルノだよね?」
「プペルって宗教みたいだよね?」
「プペルって卑猥だよね?」

これを見た他の人が、

そうなのか!

「プペルって感動ポルノなのか!」
「プペルは宗教なのか!」
「プペルは卑猥なのか!」

そう勘違いをして、
まるでそれが正しい意見のように頭に刷り込まれていくんです。

 
ですが、冷静に物事を思考できる人って、
それは、あなたの感想であって、僕はもしかしたら違うかもしれない、と思うはずです。

そして、実際にプペルを観るのです。

 
経験をすっとばして、
誰かの意見を鵜呑みにすることは簡単ですが、
「自分で思考する」という貴重な作業を失うことになります。

その結果、簡単に誰かの言葉に左右される生き方しかできなくなり、
大切なことは何一つ自分で決めることができない人になります。

 
批判って悪いことではないし、
新しい気づきを提供してくれる側面もあるのですが、
批判をするならば、最低限のマナーがあります。

今回のプペルで言えば、
前提条件として、「まずは映画を観る」こと。

これが最低限のマナーになります。

 
そのマナーを守れない人の意見は、
残念ながら空想の世界に生きるファンタじーさんでしかないのです。

実際に映画を観たら、
ものすごく人生が変わるきっかけを貰えたかもしれないのに、
それを自分で拒んでしまう、と。

空想で生きる人って、
頭だけがでっかくなって、経験が伴わずに育ってしまうんです。

 
だから、まずは映画を観よう!

それから先のことは、映画を観た後から考えてもいいじゃないか!?

それが、僕の意見です。

 
そして、多くの場合自分の食わず嫌いが原因で、
多くのチャンスを失っていたことに気づくものです。

 
そもそも、感動できる場面って、
なかなか普通に生きていたらそんなシチュエーションってないと思います。

 
大の大人が号泣していたら、
ちょっとやばい奴だと思われてしまいますので。

ですが、映画館であれば、号泣する言い訳ができる分、
思う存分、感動することだってできるんですね。

 
心が全く動かされない人よりも、
心が動かされる人であれば、その分作品から受け取る情報量が多くなります。

僕は、あるキャラと自分とを投影することで、
ちょっと過去を思い出してしまい、そこがツボにハマり泣いてしまったわけですが・・・

おそらく、プペルに感動する人の多くは、
過去に何かしら挑戦をしたことがあるか、または現在進行形で挑戦中の人だと思います。

 
そして、ロザリーナの歌は彼らに向けた応援歌でもある、と。

 
「後世に残しておきたい映画」として、
今回は、えんとつ町のプペルを紹介させていただきました。

まだ観ていない方は、
是非映画館へ行って観てください。
本当におすすめ

それでは、今日はこの辺で。
ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人 のりゆき

まずはこちらを読んでいただければと思います。
なぜ僕がブログを書くのか?

 

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。