開運する掃除の具体的アクション

この記事は7分で読めます

Pocket

こんにちは、のりゆきです。

今年も残すところあとわずかとなりました。

2020年は色々なことがありましたが、
やはりコロナウイルスによって生活がガラッと180度変わってしまった方々も多いと思います。

 
僕の身近な地域でも、次々と飲食店が閉店していましたし、
子供の頃からの思い出ある飲食店が無くなるのは、寂しさもありました。

「あっ!ここも潰れてしまったんだ」

そんな飲食店が身近にもこれだけある、ということは
全国レベルで言えば、かなりの人たちが職を失った、ということでもあります。

あまり恐怖を煽るのは僕は好きじゃないし、
未来は常に明るいと信じている僕ではありますが、
だからと言って、楽観的にコロナなんて心配しないで大丈夫、とは言えません。

正しく恐れるのは大事だと思うんですね。

正しく恐れるからこそ、
僕らは何かしらの対策をしようと考えるわけなので。

手洗いうがい、アルコールによる消毒、
マスクの着用、外出の自粛と、対策は様々ありますが、
特に大切なのは自分の免疫力を高める生活を送ることだと思っています。

 
ワクチンに期待している方もたくさんいると思いますが、
ワクチンを打ってもコロナに感染しないわけじゃないんですね。

インフルエンザワクチンを接種しても、
インフルエンザに感染する時は感染するんです。

 
ここから学ぶべきことは、
最終的には、自分の免疫力を高めるしかない、ということ。

免疫力を高くしておくことで、
感染を防ぐことができるからです。

なので、免疫力を高くする生活を送ることが、
2021年以降は、特に大事になっていきますし、
免疫力を高くする生活そのものが、幸運を呼び寄せる習慣にもなるんです。

 
僕は、人というのは、
大きく分けて2つの要素が影響していると考えています。

1つ目は、「環境」

2つ目が、「生活習慣」

 
「環境」が人を創っていくし、
「生活習慣」で人が創られていくのです。

 
たとえば、家の中を見渡してほしいのですが、
モノで溢れかえっている環境に身を置いている人は、
どんどん知らず知らずにエネルギーが奪われていくんですね。

エネルギーというものが、よく分からない場合は、
ゲージを思い出していただきたいんです。

 
テレビゲームでいうHP(ヒットポイント)ですね。

あのゲージが無くなると、ゲームではゲームオーバーになるように、
僕らには、エネルギーというゲージがあります。

そして、ゼロになった瞬間に、それはそれは恐ろしいことがバンバンおきます笑

 
不要なもの、購入したけれど1度も着てない洋服、
賞味期限切れの食品、友人から貰ったお土産・・・

年末の大掃除で片付けをしていたら、
こんなものが次から次と出てきた方も多いと思います。

 
ちなみに、掃除で最も重要なことがあります。

それは、「収納すること。」
ではありません。

「捨てる」ことです。

 
断捨離は以前ブームになって、
たくさんのミニマリストを生むきっかけになったのですが、
断捨離することで、家の環境が良くなるんですね。

あまりにも殺風景な家だと、
それはそれで問題があるのですが、
多くのケースでは、家が汚いことがほとんどなんです。

 
開運グッズに興味ある人や、
占い、風水にハマる人でさえ、
家の中が不要なモノで溢れかえっているケースは多々あります。

 
僕がコンサルする場合は、
必ず家の中の掃除から初めてもらうのですが、
それにはきちんとした意味があるんです。

最初は、なんで家の掃除なのか?
納得いかない方もいるのですが、
掃除する過程で、9割以上の方の人生が良くなります。

ちなみに、残りの1割は実践していない方達です。

なんだかんだ理由をつけては、
やりたくない、という結論になるのです。

 
「環境」が変わらない限り、
「人生」が変わることもないのですが、
ある意味、「環境」を変えることは「勇気」が必要ですからね。

 
掃除する過程で、「捨てる」ことを実践してもらいます。

すると、自分にとって本当に必要なモノ、
もっと言えば、自分の人生にとって本当に必要なモノが実践ベースで体感できるんです。

いくら頭で考えても無駄です。

 
「捨てる」ことに意味があるんです。

 
「捨てる」とは「手放す」ことでもあります。

「手放す」ことで自分の心の中にある執着心も同時に捨て去ることができるんです。

執着心がなくなる事で、
他人のアドバイスや声に素直に耳を傾けることができるようになるんです。

 
人生がうまくいかないのは、
自分の考えに執着、固執していることがほとんどなのですが、
そのことにまずは、掃除特に「捨てる」ことで気づくんですね。

自分の考えでうまくいけば、悩むこともありませんが、
それでもうまくいかないから悩んでいるんです。

そしたら、自分の中の何かを変える必要があるのに、
他人の声に耳を傾けようとしないわけです。

 
客観的に見たら、
あなたアホですよね?

と、ツッコミどころ満載なわけですが、
まさに矛盾している人生になっていきます。

 
なので、素直に実践できる人って、
結果が早く出るんですね。

 
職場でも、中途採用する経験者よりも、
新卒の新人の方が、「使える」ケースが多々あるのは、
まさに執着によるもの。

経験があるのは素晴らしいことなのですが、
経験があるゆえに、それをベースにどうしても考えてしまうわけです。

「前の職場ではこうだった」というタイプです笑

 
実は、経験者の中でも、

「前の職場ではこうだったけれど、
職場によってやり方が変わるのは当然のこと。
早く今の仕事に慣れるように頑張ろう!」

そう思える人もいるんですね。

 
その差って、
「家の環境」が強く影響しているんですよ。

簡単に言えば、
「使えない」経験者の家の中はモノでゴチャゴチャ溢れかえり、
「使える」経験者の家の中は本当に必要なモノに囲まれる生活を送っているのです。

だから、前者はエネルギーが常に消費されるのに対し、
後者は常にエネルギーが補填されていくんです。

 
家って回復スポットなんですよ。

ゲームにも体力回復させる光っているスポットがありますよね?

あそこの中に入ると、
一気に体力マックスになるあれです。

 
まさに、その体力回復スポットが家なんですね。
自分の住む家が、自分にとっての「環境」なんです。

家に帰ってエネルギーが奪われる人と、
家に帰ってエネルギーが充電される人と、
果たしてどちらがより良い人生を送れるのか?ってことです。

 
また、「お金を稼ぐ方法」って、
多くの人が興味あるんですけど、
「掃除」を通してお金を稼げるんですよ。

不要なモノをメルカリに出品するとか、
そういう話じゃないんです。

 
例えば、不要なモノを捨てると、
なんでこんなモノを買ってしまったんだろう?という感情と向き合うことになります。

はい、僕の場合は1番くじですね。

ドラゴンボールの1番くじの景品で一時期は、
モノで溢れかえっていました。

 
フィギュアに、クリアファイル、マグカップに、謎のシール。
キーホルダーに、色紙・・・

どう考えても、不要だと思えるモノばかりでした。

 
使わないモノからは、
悪い気が放たれるんですね。

怪しい話来たぞ〜!と思われるかもしれませんが、
全てのモノには魂が宿っているんです。

信じられない人は別に信じなくても構わないのですが、
魂が宿っていると考えてみると、
色々なことが見えてきます。

 
例えば、可愛い〜と思って購入した洋服。
そう言えば、今年1度も着なかったな、なんてことあると思うんです。

洋服の立場からしたら、
いつ自分は着てもらえるのだろう?と、ある種の期待と不安を抱えているんです。

せっかく選んでもらった(購入してもらった)のに、
なぜか暗いタンスに押し込まれ、太陽の光も浴びることができず、
換気のない臭い部屋に閉じこまれている、と。

 
そして、待ちに待ったご主人との対面では、
クローゼットがオープンしたと思ったら、
隣にある洋服がいつも選ばれていく・・・

私って無価値なのかな?

そう洋服は思うんです。
(あくまで僕の主観)

 
人間だって、自分が無価値だと思うと元気がなくなるし、
生きる希望を失うから、負のオーラが出るんです。

そして負のオーラは様々な不幸をさらに呼び寄せてしまうんです。

 
それ、クローゼットの中でも起きてるんだZ。

つまり、そういうことだす。

 
それで、捨てることがお金稼ぎにどう関連しているのか?

簡単に言えば、
無駄な出費を抑えることができるんです。

衝動買いもなくなる。

 
正月の福袋に興味なくなるんです。
いちいち半額のセールスに飛びつくこともなくなる。

 
自分にとって本当に必要なもの、不要なものが分かるので、
今後の自分の人生で言えば、かなりの節約に通ずるわけです。

僕も掃除(捨てる)をしなければ、
今頃、寝室にまでフィギュアが所狭しとズラッと並んでいたと思います。

 
でも、そもそもそんなにフィギュアって必要なのか?ってことです。

本当にお気に入りの数体あれば十分なんです。

 
まだ「生活習慣」の話が残っているというのに、
まだ終わりそうにありません。

なので、「生活習慣」の話は後日また書きます。

 
要は、掃除を通して、
自分にとって必要なモノ、不要なモノを見極める訓練ができる、と。

そして、それはモノだけじゃなく、
人、情報、お金にも通ずる道なのだ、と。

お金って、稼ぐ方法ばかりみんな着目しますが、
大切なのは「使い方」だったりします。

 
間違った使い方していれば、
たとえ月収100万稼ごうとも、ザルで水を救うかのように、
お金は出ていく一方なんです。

それも、自分にとって必要なモノが見極めることができていないからです。

 
手入れするってことは、
モノの立場からしたら、大切に扱ってもらっている、ということになります。

いつも乗っている車がホコリだらけであれば、
車は大切にされているとは思えないんです。

定期的に磨いたりしてくれると、
やっぱり大切にされているな、と思って、
車から感謝されるんです。

 
そして、それが車の事故を防ぐことにも繋がったり、
自分の命を守ってくれる役割を担ったりしてくれるんですね。

(決してスピリチュアルでもオカルト話でもないんです)

 
なぜ掃除をするのか?って言うと、
ガチで答えると、モノや空間から応援してもらうためなんですよ。

ただ、それをいきなり口頭で説明しても、

「???」
「???」
「???」

と、大丈夫かな?この人?となります。

 
ですが、僕には僕なりの理論があって、
しかもそれは自分が実践していることなので、
伝えているわけです。

 
決して机上の空論で語っているのでもなければ、
自分が実践もしていないのに、さも実践しているかのように語っているのでもないんです。

 
モノにも魂が宿っている。
もっと言えば、全てのモノ(鉱物、食べ物、動植物、モノ)
ありとあらゆる全てのモノに魂は宿っています。

だからこそ、それらを大切に扱うことが、
自分の人生を応援してもらえる生き方にも繋がるんです。

 
命って、モノにはないと思っていました。と言う人でも、
試しに、全てのモノには魂が宿っていると思い生活してみて下さい。

モノへの向き合い方が今までと変わりますし、
今までは興味もなかったことに興味関心をもてるようにもなるし、
小さな変化にも気づけるようにもなります。

 
僕は、学生時代テニス部に入っていたんですが、
テニスラケットを負けると放り投げている先輩がいたんです。

さらに、あろうことか負けたストレスを発散するかのように、
地面になんどもなんどもラケットを叩きつけては真っ二つに破壊していました。

これでストレススッキリ!と思いきや、
数日後にその先輩は事故で骨折して松葉杖をついて歩いていました。

 
これ、実話ですからね。

 
そして、なぜこんな結末を迎えることになったのか?

今回の話を読んだあなたなら分かっていただけるはず。

 
捨てるときは、ただ捨てるのじゃなく、
「今までありがとうございました」と言って捨てる。

そしたら、今度生まれ変わったら、
また自分の元へ違う形で帰ってきます。

 
と言うことで、
掃除は年末だけのイベントではないので、
是非、定期的に続けてもらえたらと思います。

特に、捨てることで、
新しいモノが入る空間ができるので、
気持ちの良い新年を迎えるためにも、捨てて下さい。

「そう言えばウチの旦那いらないです!」とおっしゃる奥さんもいましたが笑

 
僕は女性しか引き受けないのでご了承くださいませ!

 
それでは、今回はこの辺で。
ありがとうございました。

 
 
追伸 今年は大変お世話になりました。
読者の方とも交流できてとても楽しかったですし、僕自身、様々な学びを得ました。

どうしても、僕が発信する側になってしまい、
なかなか返信できなかった、と言う方もいましたが、
勇気を持って返信してくれた方もいて嬉しかったです。

この先、どんな時代になっても、
人と人とのコミュニケーションはなくなりませんし、
ご縁のある方とは、さらに深く繋がることができたらいいなと思っています。

 
来年は、もう少し頻繁にメルマガを書きたいと思っております。

 
いつも応援してくださる
あなたのおかげです。

本当にありがとうございます。

 
来年もどうぞよろしくお願い致します。

良いお年をお迎えください!

好きです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2021 07.09

    私は神である

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

のりゆきのプロフィール

パニック障害持ちの意識高い系パパ。嫌いなものは机上の空論。好きなものは女性。ビビリで人見知りなピュアな心を持つ小心者です。

「今より少しだけマシになる」をモットーに「読者と共に成長すること」をブログのコンセプトとして発信しています。

詳しいプロフィールはこちら